外国映画

『ノマドランド』 ノマド甘いか酸っぱいか

家を失ってノマドと呼ばれる車上生活者となったファーン。リーマン・ショック後にはそんなノマドが増え、しかもその多くは高齢者だとか。ノマドたちは全米を転々としつつ季節労働に従事することになるのだが……。 アカデミー賞でも本命視されている注文作。
日本映画

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 』 騙された甲斐があったというもの

前作から9年ぶりの最新作にして、エヴァンゲリオンの最後の作品。これで四半世紀に渡るエヴァンゲリオンのすべてが完結する。難産だった製作過程に加え、新型コロナの影響で公開日が何度も延期され、待ちに待った最後の作品がようやく公開された。
日本映画

『影裏』 光の多いところ、強い影がある

今野が盛岡に出向して唯一の友人だった日浅が死んだかもしれない。日浅は東日本大震災の津波に巻き込まれたのかも。そんな話を耳にした今野は動揺を隠せない。というのは今野にとって日浅は友人以上の存在だったから……。 芥川賞受賞作の映画化。主演は綾野剛と松田龍平。
外国映画

『時の面影』 時よ止まれ、お前は美しい

サットン・フー遺跡の発掘の実話を元にしたNetflixオリジナル作品。 この遺跡を発掘したのはアマチュア発掘家とされたバジル・ブラウン。彼は学位もないため、その功績が認められることがなかった。本作はその功績を世に知らしめるために製作されたとも言える。
日本映画

『あのこは貴族』 寸止めの美学?

裕福な華子と庶民である美紀は普通なら出会うこともないふたり。それが華子の婚約者・幸一郎を介してふたりはつながることになる。格差社会を描く作品は多いけれど、本作は分断されるはずの富裕層と貧困層が連帯感を抱く話となっているのがおもしろいところ。
日本映画

『ターコイズの空の下で』 水平の世界と垂直の世界

柳楽優弥が主演を務めたロードムービー。日本で自堕落な生活をしていたタケシは、祖父・三郎の依頼で人探しをしにモンゴルへ行くことに。案内人のアムラと一緒にどこまでも広がる草原を旅することになるタケシだが、途中でアムラとはぐれてひとりになってしまう……。
日本映画

『あの頃。』 今が一番楽しいと言える?

バンド活動からアイドルオタク活動へと移行した劔(松坂桃李)。彼が退屈な日々の中で癒しを感じたのはアイドルたちの姿だったのだ。仲間たちと“中学10年生”と自称するほどにくだらない内輪談義に花を咲かせる日々が、劔にとってはかけがえのない時間だった。
外国映画

『私は確信する』 人を納得させるのは難しい?

ヒッチコック好きの大学教授が完全犯罪を目論んだとして話題となった、実際に起きた未解決事件を映画化した作品。失踪したスザンヌの死体が見つかったわけでもなく、何らかの証拠があったわけでもなく、夫であるジャックは裁判にかけられることに……。
日本映画

『すばらしき世界』 思いをつなぐリレー

人生のほとんどを刑務所で過ごした三上は、13年ぶりにカタギの世界で生きていくことを決意する。原作は実在の人物をモデルにした小説で、本作はそれをもとに西川美和監督が脚本を書いたフィクションだ。元ヤクザがカタギの世界で生きていくのは可能なのだろうか?
日本映画

『哀愁しんでれら』 子供は王様?

シンデレラは王子様と幸せに暮らしましたとさ。そんなふうに幸せの絶頂で終わることになる「シンデレラ」。しかし実際には人生は続くわけで、シンデレラは本当に幸せだったのか、その続きを見せてくれるのが本作ということになるだろう。
外国映画

『わたしの叔父さん』 離れたいけど離れられない

クリスは足の不自由な叔父さんとふたりで農場を営んでいた。平穏で単調な日々だが充実してもいる。それでもやはり若いクリスは自分の夢を捨てきれなかったり、デートに出かけたい時もある。叔父さんとの生活がずっと続くはずもなく、変化が訪れようとしていた。
外国映画

『プラットフォーム』 “奇跡”は必要か?

ゴレンは目覚めると大きな穴が上下に連なった部屋にいた。そこでは一定の時間だけ降りてくるプラットフォームと呼ばれる台に乗った物を食べるしかない。しかし、そこには上の階層の者が食べ散らかした残骸しかない。生きていくためにはそれを食べるしかないのだが……。
タイトルとURLをコピーしました