日本映画

『よだかの片想い』 意外な成長?

アイコの顔の左側にはアザがあり、恋や遊びには消極的。しかし、友人の頼みである本の表紙を飾ることになり、しかもそれが映画化されることになって人生が一変する。アイコはその映画を監督することになった飛坂と付き合うことになるのだが……。
外国映画

『3つの鍵』 時の功罪

ある夜、交通事故が起きる。車は建物の壁を突き破ってようやく停止する。運転手はその建物に住む裁判官夫婦の息子だった。部屋の壁を破られたのはルーチョで、たまたま事故を目撃していたのも同じ建物に住むモニカだった。同じ場所を共有する3家族の群像劇。
日本映画

『LOVE LIFE』 すれ違う視線

ごく平凡で幸せな日々を送っていた妙子と二郎を悲劇が襲う。息子の敬太が事故で亡くなってしまうのだ。葬儀の日に突然現れたのは、敬太の本当の父親パクだった。敬太は妙子の連れ子だったのだ。パクは棺の中の敬太を見ると、妙子にビンタを見舞うことに……。
日本映画

『グッバイ・クルエル・ワールド』 世代論みたいなもの?

ソウルフルな音楽で始まるクライムエンターテインメント。一夜限りの強盗団はヤクザの金を強奪することに成功するのだが、ヤクザが黙っているはずもなく、次第にクズ同士の潰し合いになっていく。最後まで生き残るのは一体誰なのか?
外国映画

『彼女のいない部屋』 何をやり直すのか?

クラリスはある朝こっそりと家を出る。ぐっすり眠っている旦那と子供たち2人を残して……。本作はそんな家出をした女性の物語とされる。ところがクラリスは「家出したのは私ではない」などと言い出すことになる。これは一体どういうことなのか?
外国映画

『地下室のヘンな穴』 アイデアはいいがオチは?

郊外の一軒家の内見に訪れたアランとマリー。不動産屋は秘密のセールスポイントとしてヘンな穴の存在を明かす。その穴に入ると「12時間進んで、3日若返る」というのだ。結局、その新居に引っ越したマリーは、その若返りにはまっていくことになり……。
日本映画

『さかなのこ』 “好き”の力

お魚が大好きなミー坊が、成長してさかなクンになるまでを描く。心配性の父親をよそに、母親はミー坊のお魚好きを肯定し続ける。そんな周囲の力もあってミー坊はお魚博士であるさかなクンに……。 主演のミー坊を演じるのはのん(能年玲奈)。
外国映画

『みんなのヴァカンス』 負け組だって夏を楽しもう!

フェリックスはアルマと出会うのだが、次の日、彼女はヴァカンスへ旅立ってしまう。フェリックスは友人シェリフを道連れにし、相乗りアプリで知り合ったエドゥアールと田舎町ディーへと向かう。実は3人は負け組だ。本作はそんな3人のヴァカンスが描かれる。
外国映画

『スワンソング』 よちよち歩きのロードムービー

伝説のヘアメイクドレッサーであり、夜はゲイバーのドラァグクイーンだった“ミスター・パット”。そんな彼も今では老人ホームでひっそりと暮らしている。ある日、昔の顧客であるリタの死化粧の依頼が舞い込んでくる。パットは一度はその申し出を断るのだが……。
外国映画

『NOPE/ノープ』 チンパンジーはなぜキレた?

ロサンゼルス郊外の牧場で、飛行機部品の落下という“最悪の奇跡”によって亡くなった父親。その父親から牧場を受け継いだOJは、実はそれにUFOが関わっているのではと推測する。楽天的な妹のエメラルドは、UFO動画を撮影して一攫千金を狙うのだが……。
テレビドラマ

『ベター・コール・ソウル』 どうしてこんなところへ?

『ブレイキング・バッド』に登場した弁護士ソウル・グッドマンを主人公としたスピンオフドラマ。口は達者だがうだつの上がらない三流弁護士のジミー・マッギルが、いかにしてソウル・グッドマンとなったかを描く『ブレイキング・バッド』の前日譚。
テレビドラマ

『初情事まであと1時間』 人に入れない

1話完結のオムニバステレビドラマ。恋人たちが初めて結ばれるまでの直前1時間のドキドキが描かれる。毎回出演陣は異なり、若いふたりの「初体験」もあれば、大人のふたりの「初不倫」もあったりする。全12話で豪華な出演陣も見どころ。
タイトルとURLをコピーしました