外国映画

『17歳の瞳に映る世界』 言葉以上のもの

望まぬ妊娠をしてしまったオータムは、親の同意がなくても中絶手術ができるニューヨークへと向かう。従妹のスカイラーと一緒にバイト先で売上金をくすね、初めてのニューヨークを彷徨うことになる3日間が描かれる。原題は「Never Rarely Sometimes Always」。
外国映画

『少年の君』 いじめ告発?

中国の苛烈な受験戦争やいじめ問題を扱った作品。自殺した少女を庇うような素振りを見せたチェン・ニェンは、いじめっ子たちの次のターゲットに。母親も出稼ぎで頼るべき人がいないチェン・ニェンは、不良少年のシャオベイにボディガードを依頼するのだが……。
外国映画

『プロミシング・ヤング・ウーマン』 アクシデントか計算か

夜ごとにバーで酔ったフリをして男に制裁を加えているキャシー。彼女は元医大生で、プロミシング・ヤング・ウーマン(前途有望な若い女性)だったのだが、今はバイトをしながら夜回りの生活を勤しんでいる。なぜ彼女がそんなことをしているのかと言えば……。
外国映画

『ライトハウス』 自滅する男たち

絶海の孤島にある灯台に派遣されたふたりの男。4週間の予定の仕事だったはずが、悪天候により逃げ場のない島に取り残される。霧笛が不気味な音を立て、傍若無人に振る舞うカモメたちが威嚇するように見つめている。そんな孤島に閉じ込められたふたりは次第に狂気に……。
日本映画

『夏への扉 -キミのいる未来へ-』 一本道タイムトラベル

“タイムトラベルもの”の古典『夏への扉』の映画化。宗一郎は悪女に騙され研究の成果や地位を奪われ、冷凍睡眠で30年後の世界へ。未来では彼を慕っていた璃子はなぞの死を遂げている。宗一郎は璃子を救うために、1995年の世界へ戻ることを決意する。
日本映画

『アジアの天使』 中年天使は人を噛む

青木剛(池松壮亮)は日本の家を引き払い、息子の学と一緒に韓国へと渡る。兄の透(オダギリジョー)が仕事を紹介してくれることになっていたからだが、事業は早々に失敗し前途多難に……。 『茜色に焼かれる』などの石井裕也がオール韓国ロケで製作したロードムービー。
外国映画

『1秒先の彼女』 泣きながら笑ってしまうラスト

シャオチーは人よりワンテンポ早いアラサー女子。30年の不遇の時代の後に突然訪れたダンス教師との恋愛。バレンタインデーもふたりで過ごすことを約束していたのだが、なぜか気がつくと次の日になっている。なぜバレンタインデーは消えてしまったのか?
外国映画

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』 自虐ネタ?

誰もが知っているウサギのキャラクター“ピーターラビット”の初の実写映画としてヒットした『ピーターラビット』(2018)。その待望の続編。 前作が「戦争編」だったとすれば、続きとなる本作は『オーシャンズ11』みたいな「強盗編」といったところ。
外国映画

『RUN/ラン』 わかっていてもおもしろい?

生まれつき身体が弱いクロエは、不整脈や糖尿病や喘息を抱え、車椅子での生活だ。それを献身的に支えていたはずの母親ダイアンだが、クロエはあることをきっかけにダイアンのことを疑い始める。しかしクロエは車椅子のしか移動できないため、逃げるに逃げられない状況に……。
外国映画

『Mr.ノーバディ』 名誉挽回の一撃

退屈な毎日を過ごしているハッチは、ある夜、強盗に入られたことをきっかけにして平穏無事な生活を捨て去るような行動に走る。実はハッチはかつてはFBIの下で働いていた凄腕だったのだ。 『ジョン・ウイック』のような「舐めてた相手が実は殺人マシンでした映画」。
外国映画

『コンティニュー』 馬鹿と鋏は使いよう?

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のようなゲームを思わせる“ループもの”。主人公のロイは起き抜けに殺し屋に刀で襲われる。実はロイはすでに140回以上も同じ朝を迎えている。その度に死に、再び同じ朝を迎えるロイは、そんなループから抜け出すことはできるのか?
日本映画

『猿楽町で会いましょう』 「したいこと」と「したくないこと」

カメラマンの小山田(金子大地)は雑誌の編集者に自分の写真を売り込みに行くと、「パッションを感じない」と指摘される。しかし、そんな小山田は田中ユカ(石川瑠華)というモデルと出会い、彼女を撮ることにパッションを感じるようになるのだが……。
タイトルとURLをコピーしました