日本映画

日本映画

『his』 理想論だけれど涙を禁じ得ない

先週『mellow メロウ』が公開されたばかりの今泉力哉監督の最新作。 主人公の迅が都会の生活を捨てて山の中でひっそり暮らしているのは、彼が同性愛者だから。しかしそこにかつての恋人・渚が娘を連れて現れて……。 本作では迅と渚はそれぞれある決断をすることになるが、予想していたのとは違う決断で大いに泣かされることになった。
日本映画

『mellow メロウ』 片想い至上主義を推し進めると

『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』などの今泉力哉監督の最新作。 監督自身が「片想い祭り」と呼ぶこの作品は、まさに今泉監督のエッセンスを純粋培養したようなものとなっている。余計なものを排除してただ片想いに耽ることになる登場人物たちを見ていると、片想いって素晴らしいという気持ちになってくる。
日本映画

『ラストレター』 秘めたる想い?

岩井俊二ベスト盤風の趣きの作品。『Love Letter』では手紙は誤配されることになり、『ラストレター』でも手紙は正しい相手には届かない。若くして亡くなった未咲が娘に遺していたメッセージは何だったのか? また、そのメッセージに監督・岩井俊二が込めた想いは何だったのか?
日本映画

『カツベン!』 日本での活動写真の受け入れ方

映画がまだ“活動写真”と呼ばれていた時代、日本ではサイレント映画は“活動弁士”という解説者の「語り」と共に受け入れられていた。なかには映画以上に人気者となる“活動弁士”もいた。これは日本独自のもので、『カツベン!』はそのころの映画業界を描いたドタバタ喜劇である。
日本映画

『“隠れビッチ”やってました。』 ギャップが大事

26歳独身の荒井ひろみ(佐久間由衣)の特技は異性にモテること。見た目は清純風で、どこか隙がある感じを装う。目的は餌食となる男性をおびき寄せ、相手に「好きです」と告白させるため。 ひろみのキャラは、見た目の「清純さ」とは逆の内面の「ビッチさ」で観客をひかせるのだが……。
日本映画

『新聞記者』 真実はブラックボックスのなかに?

現在公開中の『i-新聞記者ドキュメント-』と同じく、望月衣塑子氏の著書を原案にしたサスペンス。『新聞記者』は今年の6月末に劇場公開され、11月22日にBlu-ray&DVDがリリースされた。 本作はあくまでフィクションだが、モデルとして現実の加計学園問題が意識されており、現実の安倍政権に対する批判が盛り込まれている。
日本映画

『殺さない彼と死なない彼女』 地獄の沙汰もアレ次第

「殺すぞ」が口癖の小坂れい(間宮祥太朗)は、留年して退屈な高校生活を送っている。ある日、死んだハチをゴミ箱から救い出して埋葬しようとする鹿野なな(桜井日奈子)に興味を抱く。鹿野は「死にたい」が口癖で、いつもリストカットを繰り返している女の子だった。
日本映画

『i-新聞記者ドキュメント-』 考えるな。イワシになれ!

『A』などの森達也が取材対象として選んだのは望月衣塑子氏。望月氏は今年公開された映画『新聞記者』の原案者としても知られる人で、菅官房長官との記者会見でのやりとりが話題になったお騒がせな人物。本作は森達也が望月氏の活動に密着し、彼女が何と闘っているのかを明らかにしていくドキュメンタリーである。
日本映画

『ひとよ』 希望の言葉が呪縛に

ある雨の夜、稲村こはる(田中裕子)は子供たちにも暴力を振るう夫のことを轢き殺す。それはこはるが考え抜いた末の結論だった。しかし残された子供たちは「殺人者の子供」と蔑まれることになる。 15年後に稲村家に戻ってきたこはるだが、子供たちは複雑な気持ちでその母親と向き合うことに……。
日本映画

『最初の晩餐』 シュンはある朝突然に

亡くなった父親の通夜の席で、トラブルが生じる。「通夜ぶるまい」のために頼んでおいた仕出し弁当がいつの間にかにキャンセルされていたのだ。母親は父からの遺言で「通夜ぶるまい」は自分が作ると言い出すのだが……。 料理によって家族の過去を振り返り、「家族とは何か」ということを問いかける。
日本映画

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 田舎者にはよくわかる

都内でCMのディレクターをしている砂田(夏帆)は、止まると死んでしまうんじゃないかというくらい勢いで仕事に励んでいたが、心は荒んでいる。そんな砂田は後輩の清浦(シム・ウンギョン)と共に田舎に帰ることに……。 若手映像作家の発掘を目的としたTSUTAYAの企画から生まれた作品。
日本映画

『楽園』 犠牲によって救われたのは?

閉鎖的で排他的な村社会を舞台に、虐げられた者たちが追い込まれていく様子を描く。そうした者のための楽園はあるのか? 吉田修一原作の短編をもとにした作品。監督・脚本は『64-ロクヨン-』『菊とギロチン』などの瀬々敬久。
タイトルとURLをコピーしました