日本映画

日本映画

『ペナルティループ』 質問禁止、他言無用

岩森淳が朝6時に目覚めると、最愛の恋人・砂原唯を殺めた溝口登を殺害し、疲労困憊で眠りにつく。翌朝目覚めると周囲の様子は昨日のままで、溝口もなぜか生きている。そしてまた今日も、岩森は復讐を繰り返していく——。
日本映画

『青春ジャック 止められるか、俺たちを2』 懲りずにやり続けること

前作『止められるか、俺たちを』は、70年代の若松プロの面々を描いた話で、本作はその続編として80年代を描くことになる。若松孝二は名古屋に映画館シネマスコーレを作ることになり、本作はそこに集まってくる映画好きたちの話なのだ。
日本映画

『ゴールド・ボーイ』 この世の見納め

それは完全犯罪のはずだった。まさか少年たちに目撃されていたとは…。義父母を崖から突き落とす男の姿を偶然にもカメラでとらえた少年たちは、その男を恐喝する計画を立てることになるのだが…。
日本映画

『パレード』 方向転換の訳は?

大災害の混乱で離れ離れになった息子を捜す母親は、自分がすでに死者となっていること、そして今いる世界が、この世に未練を残した者たちが集まる特別な場所だということを知り…。
日本映画

『52ヘルツのクジラたち』 謎が興味を惹き付ける

傷を抱え、東京から海辺の街の一軒家へと移り住んできた貴瑚は、虐待され、声を出せなくなった「ムシ」と呼ばれる少年と出会う。かつて自分も、家族に虐待されてきた彼女は、少年を見過ごすことが出来ず、一緒に暮らし始めるのだが……。
日本映画

『コットンテール』 二人が約束していたこと

兼三郎の最愛の妻、明子が息を引き取った。兼三郎は生前の明子が寺の住職に託した一通の手紙を受け取る。そこには明子が愛したイギリスのウィンダミア湖に、遺灰をまいてほしいという最後の願いが記されていた。
日本映画

『彼女はなぜ、猿を逃したか?』 釈明する必要ある?

動物園の猿を逃して逮捕された女子高生。誹謗中傷に晒された彼女を救いたいと取材にのめり込むルポライターは、いつしか自身の精神のバランスを崩していくが……。髙橋泉と廣末哲万による映像ユニット「群青いろ」の作品。
日本映画

『雨降って、ジ・エンド。』 ぶちまけること、耳を傾けること

フォトグラファーを夢見る日和は、派遣バイトで働きながら、 自分の写真をSNSにアップする日々。ある日、 顔にピエロのようなメイクをした雨森と遭遇した日和。 思わずカメラを向けた彼の写真が思いがけずバズり……。
日本映画

『夜明けのすべて』 大切な宝物のような……

月に一度、PMS(月経前症候群)でイライラが抑えられなくなる藤沢さんはある日、同僚・山添くんのとある小さな行動がきっかけで怒りを爆発させてしまう。だが、山添くんもまたパニック障害を抱えていて……。
日本映画

『罪と悪』 なかったことにはできない

何者かに殺された14歳の少年。同級生の春・晃・朔は、正樹を殺した犯人と確信した男の家に押しかけ、もみあいになる。そして、男は1人の少年に殺されることに。それですべてが終わったはずだったのだが、20年後に再び……。
日本映画

『ゴールデンカムイ』 乞うご期待?

日露戦争での鬼神のごとき戦いぶりから「不死身の杉元」の異名を持つ杉元は、野生のヒグマに襲われたところをアイヌの少女アシㇼパに救われる。ふたりはあるお宝を巡って協力するようになり……。原作は野田サトルの同名漫画。
日本映画

『みなに幸あれ』 理不尽な現実を受け入れろ

看護学生の孫は、ひょんなことから田舎に住む祖父母に会いに行く。久しぶりの再会、家族水入らずで幸せな時間を過ごす。しかし、どこか違和感を覚える孫。祖父母の家には「何か」がいる。「第1回日本ホラー映画大賞」で大賞を受賞した下津優太による初監督作品。