外国映画

外国映画

『ルクス・エテルナ 永遠の光』 地獄巡りという恍惚

ギャスパー・ノエ監督の最新作。ラストの磔のシーンを撮りたかっただけかと思わせる中編で、ほとんどそのワン・アイディアで押し切っていく。ラストの光の点滅シーンは、端的に言えば真っ当に見られるものではないかもしれない。
外国映画

『天使/L’ANGE』 何を観たのか?

1982年公開の実験映画のリバイバル。 説明することも難しい音と映像の世界。『アンダルシアの犬』も意味不明な話だったが、何が描かれているのかは明確だった。しかし、『天使/L'ANGE』においては自分が観ているものが何のかもよくわからなくなってくる。
外国映画

『ザ・ハント』 どっちもどっち

トランプ大統領が激怒して公開が危ぶまれることになった作品。 本作がトランプ大統領の支持者である保守層が、民主党支持者に多いリベラルエリートたちに殺されていく話になっているからだ。トランプ大統領はSNS上でハリウッドを非難したらしいのだが……。
外国映画

『82年生まれ、キム・ジヨン』 自戒を込めて

韓国で130万部のベストセラーとなり、社会現象となった原作の映画化。 家父長制が色濃く残る社会で差別的な扱いを受ける韓国の女性たち。キム・ジヨンという名前は82年に生まれた人の中で一番多いのだとか。そんなどこにでもいる女性が主人公ということになる。
外国映画

『TENET テネット』 眩惑か困惑か

われわれの世界では時間は過去から未来へと流れていく。しかし一部の人間が時間を遡れるとしたらどうだろうか? この映画では「順行」する人間と、「逆行」する人間が、同じ場所を共有する。まったく観たこともないような奇妙な現象が本作では起きているのだ。
外国映画

『チィファの手紙』 舞台が変われば何が変わる?

『チィファの手紙』は『ラスト・レター』と同じ原作をもとにしつつも、『ラスト・レター』よりも先に製作・公開された作品。同じ物語でも舞台が変われば様々なことが変わる。それぞれの国の観客に違和感なく受け入れられるためのローカライズが意識されているのだ。
外国映画

『シチリアーノ 裏切りの美学』 裏切り者はどっちだ?

コーザ・ノストラの大物ボスであったトンマーゾ・ブシェッタは、マフィアの沈黙の誓いを破り、警察にすべてをぶちまけ、それによって多くのマフィアが逮捕されることになる。本作はフィクションではなく、実在したマフィアが起こした抗争が描かれることになる。
外国映画

『ブルータル・ジャスティス』 得体の知れない感じ

強引な逮捕を市民に撮影され停職になった刑事ブレットは、真面目に働いても報われない不遇を嘆き、勝負に出る。犯罪情報を探り、その金を横取りしようと画策するのだが……。 主役のメル・ギブソンをはじめ、相棒のヴィンス・ヴォーンなど、渋い男たちが勢揃いしている。
外国映画

『みかんの丘』 民族って何のこと?

アブハジア紛争下で起きた戦闘で、主人公イヴォの家には敵同士の二人がケガを負ったまま運び込まれる。ひとつ屋根の下で殺し合っていた二人が暮らすことになり……。 二人は自分たちの民族のために闘っていると信じているわけだが、イヴォはそんな二人に疑問を投げかける。
外国映画

『ポルトガル、夏の終わり』 末期の目に映る夕陽

主演のイザベル・ユペールが、『人生は小説よりも奇なり』という作品を気に入り、監督であるアイラ・サックスにオファーして作り上げたという作品。 自らの死期を悟った女優フランキーは家族や友人をポルトガルのシントラに呼び寄せることに。フランキーは自分の死後の段取りを整えようとしていたのだ。
外国映画

『とうもろこしの島』 少女の異物感?

日本では2016年に公開されたジョージア(グルジア)映画。 極端に台詞を排し、映像だけで見せる作品という意味でも、美少女が登場するという意味でも『草原の実験』あたりを思わせる。 紛争地帯の狭間にある川を舞台に、その中州にとうもろこし畑を作る様子を追っていくのだが、川沿いの風景も美しく、見ていて心地よい時間が流れていく。
外国映画

『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』 曰く言い難し

アラバマで起きた殺人事件。被害者のディック・ロングはレイプされた上に殺害されたと推測されるのだが……。 誰にでも人に言えない秘密はあるのかもしれないが、主人公のジークもそうで、ジークは自分の秘密を守るために、ディックの死の真相を知りながらもそれを隠蔽しようとする。 ジークの間抜けぶりが笑えるのだが、その真相には唖然。
タイトルとURLをコピーしました