外国映画

外国映画

『シチリアーノ 裏切りの美学』 裏切り者はどっちだ?

コーザ・ノストラの大物ボスであったトンマーゾ・ブシェッタは、マフィアの沈黙の誓いを破り、警察にすべてをぶちまけ、それによって多くのマフィアが逮捕されることになる。本作はフィクションではなく、実在したマフィアが起こした抗争が描かれることになる。
外国映画

『ブルータル・ジャスティス』 得体の知れない感じ

強引な逮捕を市民に撮影され停職になった刑事ブレットは、真面目に働いても報われない不遇を嘆き、勝負に出る。犯罪情報を探り、その金を横取りしようと画策するのだが……。 主役のメル・ギブソンをはじめ、相棒のヴィンス・ヴォーンなど、渋い男たちが勢揃いしている。
外国映画

『みかんの丘』 民族って何のこと?

アブハジア紛争下で起きた戦闘で、主人公イヴォの家には敵同士の二人がケガを負ったまま運び込まれる。ひとつ屋根の下で殺し合っていた二人が暮らすことになり……。 二人は自分たちの民族のために闘っていると信じているわけだが、イヴォはそんな二人に疑問を投げかける。
外国映画

『ポルトガル、夏の終わり』 末期の目に映る夕陽

主演のイザベル・ユペールが、『人生は小説よりも奇なり』という作品を気に入り、監督であるアイラ・サックスにオファーして作り上げたという作品。 自らの死期を悟った女優フランキーは家族や友人をポルトガルのシントラに呼び寄せることに。フランキーは自分の死後の段取りを整えようとしていたのだ。
外国映画

『とうもろこしの島』 少女の異物感?

日本では2016年に公開されたジョージア(グルジア)映画。 極端に台詞を排し、映像だけで見せる作品という意味でも、美少女が登場するという意味でも『草原の実験』あたりを思わせる。 紛争地帯の狭間にある川を舞台に、その中州にとうもろこし畑を作る様子を追っていくのだが、川沿いの風景も美しく、見ていて心地よい時間が流れていく。
外国映画

『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』 曰く言い難し

アラバマで起きた殺人事件。被害者のディック・ロングはレイプされた上に殺害されたと推測されるのだが……。 誰にでも人に言えない秘密はあるのかもしれないが、主人公のジークもそうで、ジークは自分の秘密を守るために、ディックの死の真相を知りながらもそれを隠蔽しようとする。 ジークの間抜けぶりが笑えるのだが、その真相には唖然。
外国映画

『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 生きる場所の違い?

「カトリック教会の性的虐待事件」は2001年に新聞報道され公のものとなったのだが、それですべてが解決したわけではなかったらしい。現在も裁判が進行中の事件を題材にしたフランス版の『スポットライト』とされるこの映画は、より一層性的虐待の被害者側にスポットライトを当てていくことになる。
外国映画

『はちどり』 14歳という曖昧な存在

舞台は家父長制が色濃く残る1994年の韓国。主人公はウニという14歳の中学生。14歳は子供とも大人とも言えない微妙な時期で、ウニは塾でヨンジ先生に出会って心酔していく。先生は「知っている人の中で、本心まで知っているのは何人?」と問い掛ける。その言葉に導かれ、ウニは身近な人のこれまでとは違う姿を目撃することに……。
外国映画

『透明人間』 遍在する恐怖

透明人間という何度も映画化されてきた題材を生まれ変わらせた作品。 本作の主人公は透明人間ではない。透明人間という見えない存在に怯える女性が主人公だ。セシリアは常に周囲を気にしていて、その姿は精神を病んでいるように見える。だから周囲の者も、セシリアが「見えない男がそこにいる」と怯えるのも、彼女の妄想だと思うのだが……。
外国映画

『未知への飛行』 失敗学は有効か?

『未知への飛行』は、1964年に公開されたシドニー・ルメット作品だが、同年には同じテーマの『博士の異常な愛情』があったせいで隠れてしまう形になった不遇な作品。 冷戦時代、機械の誤作動によってアメリカの爆撃機がモスクワへと核爆弾を投下する作戦が始動する。大統領はそれを止めるためにあり得ない決断をすることに……。
外国映画

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』 一石二鳥の離れ技

『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグが監督を務めた、ベストセラー『若草物語』の再映画化。 本作が過去の『若草物語』と異なるのは、主人公ジョー(シアーシャ・ローナン)が『若草物語』を書き始める「現在」と、四人姉妹が揃って暮らしていた「過去」が交互に描かれていくところ。この構成がラストに活きてくるのが本作のうまいところ。
外国映画

『その手に触れるまで』 狂信の代償

カンヌ映画祭の常連、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟の最新作。 アメッドはまだ幼さが残る少年なのに、イスラム教の導師に洗脳される形で、テロ行為を起こす。結局はそれは失敗に終わったのだが、アメッドは矯正施設に入れられても信念を変えようとはしない。母親や周囲の人たちは、アメッドの洗脳を解こうとするのだが……。
タイトルとURLをコピーしました