外国映画

外国映画

『1917 命をかけた伝令』 確率の問題

アカデミー賞で撮影賞、録音賞、視覚効果賞の3部門を受賞した作品。 作戦の中止を伝えるための伝令役の主人公を追って、全編ワンカット風に進んでいく戦争映画。塹壕を歩き回り、ノーマンズランドを這い、敵兵が潜むかもしれない街をくぐり抜けていく。物語は単純だが、見せ方はうまい。観客も戦場を走り回るような気分になるかも。
外国映画

『巡礼の約束』 旅の途中で

チベット人監督ソンタルジャの最新作。 チベットの山あいの村に住むウォマは、五体投地で聖地ラサへと巡礼することを宣言する。半年以上もかかるという難行に夫のロルジェは反対するのだが……。 ウォマはなぜ五体投地での聖地巡礼を決断することになったのか? それによって何を求めているのか?
外国映画

『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』 「選択の自由」という悩ましさ

監督は『ナチュラルウーマン』などのセバスティアン・レリオ。 かつて同性愛の関係がバレてユダヤ・コミュニティを飛び出したロニートと、そこに留まり男性と結婚することを選んだエスティ。 ユダヤ教のラビ曰く、人間には「選択の自由」があるというのだが、選べることがかえって悩ましいこともあるようだ。
外国映画

『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を』 架空の世界に無国籍な美女が集う

『ツバル』『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』などのファイト・ヘルマー監督の最新作。ガラスの靴の代わりに青いブラジャーの持ち主を探し回るファンタジー。撮影された場所はアゼルバイジャンらしいが、本作は架空の世界の出来事に感じられる。さらに登場してくる女性たちも様々な国の出身で、無国籍感が漂う作品だ。
外国映画

『リチャード・ジュエル』 それにも関わらず……

野外ライブ会場で起きた爆弾テロ事件。警備員のリチャード・ジュエルは、観客を安全な場所へと誘導し被害を最小限に食い止める。一躍ヒーローとなったリチャードだが、ある記事によって容疑者にされてしまう。 マスメディアが悪者とされているようにも感じられる作品だが、イーストウッドが描きたかったのはもっとほかのことに感じられた。
外国映画

『COLD WAR あの歌、2つの心』 もうひとりの主人公は音楽

今年になってソフト化された『イーダ』のパヴェウ・パヴリコフスキ監督の最新作。 本作は1949年から1964年までの15年間を88分で描く。監督がもうひとりの主人公と語るのは音楽で、本作では民族歌謡から始まってジャズやロックなど、時代と場所に合わせた音楽が引用される。「2つの心」の「オヨヨーイ」という響きが印象的。
外国映画

『フォードvsフェラーリ』 “男のロマン”という厄介なもの

1966年のル・マン24時間レースを題材とした実話をもとにした作品。60年代の前半、ル・マンで連勝し続けていたフェラーリに対し勝負を挑んだフォード。フォードが白羽の矢を立てたのが、シェルビーとマイルズというふたりの男。 極限までスピードを上げたときに感じられる静寂の世界。そんな“男のロマン”を追求するふたりの物語。
外国映画

『サマーフィーリング』 風景描写が心地いい

『アマンダと僕』のミカエル・アース監督の第2作。 テーマとしては『アマンダと僕』と同様に、大切な人を喪った悲しみを扱うことになるのだが、本作では3度の夏を3つの都市(ベルリン、パリ、ニューヨーク)を背景にして描いていく。とりわけフランスのアヌシー湖畔の風景が素晴らしく、観ているだけで癒される。
外国映画

『パラサイト 半地下の家族』 落ちてくるものは?

カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したポン・ジュノ監督の最新作。 半地下に住むキム一家は全員失業中の身だった。ところが長男ギウが富裕層の娘の家庭教師をすることになり、キム一家はその家に寄生するようになっていくのだが……。 これ以上はネタバレ厳禁だが、パルム・ドールの高尚なイメージとはまったく違う娯楽作となっている。
外国映画

『2人のローマ教皇』 白日の下に晒されたのは?

2013年に突然辞任を発表することになったローマ教皇ベネディクト16世。これはカトリックの歴史のなかでも700年ぶりの例外的な事態だ。次に教皇に選ばれることになったのは、先日来日して話題となったフランシスコ教皇。本作はそんな2人の教皇の対話劇となっている。対照的な2人の教皇の間で、一体どんな対話がなされたのか?
外国映画

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 excuse?

42年前に始まった『スター・ウォーズ』シリーズの最終作(エピソード9)。1977年のエピソード4から始まったこのシリーズ。1999年からエピソード1からのプリクエル3部作が公開された。そして、生みの親であるルーカスの手を離れたシリーズは、2015年のエピソード7から始まって本作で本当の最後を迎えることに……。
外国映画

『テッド・バンディ』 意図した教訓は届いたのか

全米で30人以上の女性を殺したとされるテッド・バンディ。本作はそんなバンディと一緒に暮らしていたリズという女性の視点から、バンディという男を追っていくことになる。リズの前では娘にもとても優しい男性だったバンディだが、裁判の過程で明らかになるのはおぞましい殺人の数々だった。バンディはあくまで無罪を主張するのだが……。
タイトルとURLをコピーしました